株式会社集建築事務所

お問い合わせ

採用情報

本社
〒 812-0016
福岡市博多区
博多駅南6-7-1
集プロジェクトビル
TEL 092-481-7560
map
東京事務所
〒 106-0032
東京都港区
六本木1丁目8-7
MFPR六本木麻布台ビル 2F
TEL 03-5549-6033
map
大阪事務所
〒 532-0011
大阪市淀川区
西中島6-1-1
新大阪プライムタワー 8F
TEL 06-6829-7323
map
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

ホーム >  業務案内 >  積算についての知識

構造積算

構造積算 建築物の「構造体のお値段」をはじき出す業務

建築積算とは、建築物の設計図面や仕様書などの設計図書をもとに、その建築物を建設する際に必要な各部材の材料と数量を正確に算定し、材料ごとに集計された内訳明細書の形にして、それぞれの材料・手間に対応する単価を算入することでその工法をも考えて建築物の工事費を求める業務のことです。
意匠設計を行った際に出てくる「市場の相場からいえばこのくらい」といった金額では、建築主さんを納得させることは難しいはずです。そこで、造ろうとしている建物の値段に、根拠を与える必要が出てきます。建築積算は、その金額的な根拠のベースになる数字をまとめることが仕事です。

積算に関する資格

建築積算業務に従事する技術者の能力を検定し称号を付与する事業は、(社)日本建築積算協会(以下当協会という)において1979年から1989年までの11年間、「建築積算士」の称号で民間資格として行われました。この間に3,197名の方が登録していました。
1990年1月24日付の建設省告示第74号により、「建築積算に関する知識及び技術の審査・証明事業認定規定」を定め、検定事業の実施団体を大臣認定する形式での資格制度が創設され、同年7月30日付で我が国初の建築積算技術者の公的資格「建築積算資格者」が誕生いたしました。その後、行政改革の一環として、他の審査・証明事業と同様に、大臣認定の根拠である告示が2001年3月31日付国土交通省告示第273号で廃止されました。
当協会では2001年4月1日から公益法人独自の資格制度、建築積算資格者認定事業として、これを受け継ぎ発展させていくことといたしました。
2009年4月1日からは、称号が「建築積算士」と改められました。

集建築事務所の主な業務

  • 構造積算
  • 意匠積算
  • 電算
  • 積算についての知識
  • 積算の流れ